M男の為の同人音声

M男によるM男の為の同人音声紹介

ウタカタ

【耳かき・耳舐め】鵜汰嘉騨 エイプリル企画:耳かきのオリョウと梵天のトモエ【バイノーラル・癒やされない】

↑画像クリックで商品ページへ ここに一人の男がいる。彼は御法度とされる『耳かき』売りを生業としていた。『耳かき』は御上が許可を出すか、そのシマを仕切っている長から許可を貰えない限り売買してはならない。しかし、密売の『耳かき売り』が後を絶たな…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 春分の火鉢【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は春分。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。町の雪は殆どみかけなくなり、こんもり山となった雪だけが冬の名残を残していた。毎月一回、季節を巡るこの町を訪れるの…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 春寒のご馳走【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は立春。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。冬の底がちょうど終り、徐々に春の萌しが見えてきたが、まだ町は雪に覆われていた。道中は雪の壁、いつものバスも天気の…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 秋の長雨【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は秋。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。紅葉も終わり散りそうな季節、それを男は見たくなった。宿には夕方には到着すると伝えてあり、バスも定刻どおり夕刻に着い…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 秋の月見【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は秋。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。村を囲む山々は紅く色づき、秋の風景をこれでもかと主張していた。紅葉が綺麗ですから、とあの宿の女性が言っていたのを覚…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 真冬の添い寝【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は冬。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。冬は雪に覆われ、それが見物だと以前聞いていた。だから、男はそれが見たくなった。いつものバス停。到着と同時に、聞き覚…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 夏の川涼み【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は夏。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。肌を刺すような太陽の光、じめじめとした湿気とうだるような暑さ。避暑をするならば、と男が思い出したのは春に訪れたあの…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 春の出会い【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は春。山頂の雪解け水が川に注がれ、透明な春の息吹を音で伝えてくれる。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にある。道は途中から舗装されて居らず砂利になっていたし、近場の…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 初冬の囲炉裏【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は初冬。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。木枯らしが吹き、閑散とした村には寂しく小川の流れる音だけが聞こえる。男は一人、その中を宿を目指し歩いた。宿に着い…

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 晩冬の思郷【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は晩冬。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。1月の末、まだまだ寒さは引かない。いつものバス亭から、慣れた足取りで男は宿に向かった。宿につくと、縁側の部屋が開け…

【正月・耳舐め】うたかたの宿 新年初詣【バイノーラル・癒やし】

↑画像クリックで商品ページへ 季節は冬……新年であり、正月。男は宿の予約をしていた。その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。目出度く新年を祝うならばこの宿と……決めていた。いつものバス停に着き、男は宿に向かって歩く。しばら…